バックステージの日

おはようございます!

夜も熱帯夜ですね。。。お元気ですか?

昨日の配信、たくさんの方、聞いてくださって ありがとうございます!!

またまた ドイツ語の歌、Lied(リート)でした!

シューベルトといえば 「魔王」「野薔薇」「アヴェマリア」などなど色々有名な曲がありますが、今回の「春の信仰」も素敵です。

そして 今回も素敵な動画に感動してしまったー。。。。

外は暑いですが、この映像の世界と音。。。良いです。。。

今スタッフさんたち 試験真っ最中なのですが、頑張ってくれています。

皆さんからの広告ワンクリックも 本当に彼らの励みの1つになっています。技術を駆使するために いろんな機材やアプリが必要になってくるので 本当に助かっております。ありがとうございます!

そんな手作りなYouTubeまだの方はこちら↓

https://youtu.be/IAYCANt9vPk

よかったら 繰り返し楽しんでいただけると嬉しいです。

音楽は春ですが、お腹は夏!

切り方で随分味が変わるお味噌汁の具😊日本人には どんな時も発酵食品、納豆やお味噌なんかは体調を良くしてくれるような気がしています。今回のはお味噌汁というより 具が多かった。。。。😅

さて 今日はバックステージの日。

お時間ありましたら いつも通り のんびりやっていますが、

こちらも お付き合いいただけると嬉しいです。

体調にお気をつけくださいね!!

10
カテゴリー: ブログ パーマリンク

バックステージの日 への2件のフィードバック

  1. 古賀俊明 のコメント:

    昨日配信の作品を楽しませてもらいました。動画も作品ごとにレベルが上がっているように感じます。テレビの画面でみてもきれいでした。今日のバックステージも待ち遠しいです。ネットの記事で紹介されていた本『幸せな自信の育て方 フランスの高校生が熱狂する 「自分を好きになる」授業』の紹介記事から。”古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、「友人とは、あなたをより良くしてくれる人のことである」また友人とは「自分の能力を発揮するのを助けてくれる人」であるとも言っています。この観点からすると、ピアノやダンスの先生、職場の上司は、あなたが成長し、進歩する機会を与えてくれる意味で、「友人」と呼べる。(以下次のコメントへ)

  2. 古賀俊明 のコメント:

    それは、単に技術を習得できるからではない。自分の成長を望み、前向きな態度で注目してくれる人と一緒にいることで、人間が関係性の生き物であるという真実をあらためて実感できるからだ。私たちに自信を与えてくれるのは、…その人との関係性だ。……メンターの私たちに対する信頼は、少しずつ私たち自身のものになっていく。それが自信の本質であり、人間が物事を学ぶ方法なのだ。” 菅先生は、これまで良き師に恵まれ、声楽家となってからも、良き「友人」に恵まれてきたと思います。私も先生から進歩する機会を与えられていると思います。でも「友人」とは思わず、「先生」としてこれからも指導をいただきたいと思っています。_(._.)_

コメントは停止中です。